東京都工事設計単価表について



 東京都では、工事の積算に用いる設計材料単価及び設計労務単価を平成10年度から公表しています。
 公表の内容は、東京都が物価調査機関に委託して独自に調査し、市場の実勢取引価格をもとに設定した設計材料単価及び農林水産省と国土交通省の二省間で決めた公共工事設計労務単価のうち、東京都における設計労務単価です。
 なお、市販の刊行物に掲載されている価格については掲載していません。
 単価表の改定は、原則として年1回です。ただし、設計材料単価及び設計労務単価に改定がある場合は、適宜改定します。
 また、単価表は次の場所で閲覧できます。  

閲覧場所
 都民情報ルーム
 総務局大島支庁土木課
 総務局三宅支庁土木港湾課
 総務局八丈支庁土木課
 総務局小笠原支庁土木課

○平成26年度 東京都工事設計単価表
 1 設計材料単価
  ■ 共通資材(PDF)〔平成26年8月1日〕 P 1
  ■ 建設資材(PDF)          P 7〜P 81
  ■ 港湾資材(PDF)          P 82〜P 94
  ■ 水道資材(PDF)          P 95〜P 223
  ■ 下水道資材(PDF)         P 224〜P 241
  ■ 建築資材(PDF)          P 242〜P 252
 2 設計労務単価
  ■ 公共工事設計労務単価〔平成26年2月〕(PDF)P 253

  
 この単価表が、印刷物・電子媒体の形で第三者によって複製・販売されることを禁止します。また、この単価表を基にした、二次的著作物の作成を禁止します。

財務局トップページ建築工事と建物保全>その他・平成26年度 東京都工事設計単価表