V 施設整備評価【公表対象11件】  
                 
局名・施設名 今後の方向性
  主税局        
  1     東京都豊島合同庁舎     劣化が進んでいる設備機器の大規模改修に着手  
  福祉保健局        
  2     西多摩保健所     老朽化が進み、かつ、狭あいな現庁舎について、移転改築に着手  
  3     立川福祉保健庁舎(仮称)     移転改築など複数案を比較検討した上で、現地改築に着手し、地域に分散している福祉・保健機能を集約  
  産業労働局        
  4     農林総合研究センター立川庁舎本館     設備機器の劣化や外部からの漏水が著しいため、大規模改修に着手  
  教育庁        
  5     都立東村山高等学校     施設全般にわたり老朽化が著しいため、グラウンドに新築校舎を建築する反転改築により現地改築に着手  
  6     都立城東高等学校     設備機器などの劣化が著しいため、大規模改修に着手するほか、プール棟の改築に着手  
  7     都立篠崎高等学校     設備機器などの劣化が著しいため、大規模改修に着手するほか、バリアフリー機能を確保するため、昇降機棟を設置  
  8     都立水元特別支援学校     施設全般にわたり老朽化が著しいため、現地改築に着手  
  9     都立八王子特別支援学校     在籍者数の増加に対応するため、都有地を活用して移転改築に着手  
  10     都立七生特別支援学校     施設全般にわたり老朽化が著しいため、現地改築及び改修に着手  
  東京消防庁        
  11     赤羽消防署     老朽化が進み、かつ、狭あいな現庁舎について、仮移転先に都有地を活用して現地改築に着手