平成12年 東京都基準地価格の概要

1 東京都基準地価格

国土利用計画法施行令第9条に基づき昭和50年以来実施しているもので、平成12年は都内に1,409地点の基準地を設置し、都知事が標準価格(価格時点7月1日)を判定し、公表している。(平成12年9月20日告示)

2 平成12年東京都基準地価格の特徴

(1)       都全域で、平成3年から10年連続下落しているが、下落幅は、住宅地・商業地ともに前年より縮小している。

(2)       多摩地区の下落幅は、前年に引き続き、住宅地・商業地ともに区部の下落幅を上回っている。

(3)       住宅地については、下落率10%以上の地点が区部・多摩地区とも大幅に減少し、都心に近い地域では変動率0%の地点も増加した。しかし、区部北東部や多摩地区の一部では、引き続き下落幅の大きい地点も見られる。

(4)       商業地の下落が続く中、都心の高度商業地の一部は、2年ぶりに上昇した地点が2地点あるなど、安定基調に推移している。

 

 

地区別・用途地域別対前年変動率