ページの先頭

ページ内移動用のリンク
サイトメニューへ移動
本文へ移動
フッターへ移動
ここからサイトメニューです
ここから本文です
建築技術革新新支援事業

平成27年度建築技術革新支援事業における新技術の選定結果について

平成28年3月2日
財務局

 

平成27年度建築技術革新支援事業における新技術の選定結果について

 

建築技術革新支援事業として、平成27年10月27日から11月27日まで3つの技術を公募したところ計10件の応募があり、学識経験者等で構成される技術審査委員会で審査基準に基づき審査した結果、下記のとおり2件の技術を選定しました。

 

 

1 選定結果

公募技術 都立町田の丘学園改築工事の開口部の断熱・遮熱に関する技術
応募件数 4件
選定者 株式会社LIXIL
選定技術の概要 ■複層ガラスとサッシとをグレイジングチャンネル※1で一体化した窓で、熱貫流率2.84W/m2・K、日射熱取得率0.39
■ 効率的に自然換気ができる機能を有する
その他応募技術 フィルム貼りのガラスを組み入れたサッシなどの技術があった

※1グレイジングチャンネル:気密性を高めるゴム状の部品

◎選定技術の詳細については、こちら
この新技術概要書は、選定者から提出された資料です。
なお、選定者の意向により、価格など内容の一部については非開示としています。

 

公募技術 都立竹台高等学校改築工事の節水トイレに関する技術
応募件数 1件
選定者 TOTO株式会社
選定技術の概要 ■ フラッシュタンク式大便器で、大洗浄4.8L/回、小洗浄3.6L/回(洗浄後約20秒で次の洗浄が可能)
■除菌力を高めた水で洗浄する小便器で、小洗浄平均約0.8L/回
◎選定技術の詳細については、こちら
この新技術概要書は、選定者から提出された資料です。
なお、選定者の意向により、価格など内容の一部については非開示としています。

 

公募技術 東京都障害者総合スポーツセンター改修工事の特定天井※2に関する技術
応募件数 5件
選定者 なし
選定者なしとした理由 安全性や機能性等について定めた審査基準に基づき審査した結果、全ての応募技術が選定の条件を満たさなかったため、選定者なしとした
応募技術 軽量天井、膜天井などの技術があった

※2特定天井:高さ6m超、面積200m2超、質量2kg/m2超の吊り天井

 

2 技術審査委員会の構成

  • ・ 技術ごとに5人で構成
  • ・ 各技術につき学識経験者の外部委員3人と都職員2人

 

3 今後の対応

選定技術は、対象施設の設計・工事に採用し、当該工事完了後等に実施する事後調査で有効性を確認したうえで、都における施設整備の基準類へ反映していきます。

 

なお、次年度以降も公募技術を検討し、継続して事業を実施していきます。

 

【問い合わせ先】
財務局建築保全部技術管理課
 03-5388-2811(直通)
ここからフッターです